ホームニュース・お知らせジヤトコ、「Jatco CVT7」 グローバル累計生産台数 1,000万台を達成

2016

2016年8月25日

ジヤトコ、「Jatco CVT7」 グローバル累計生産台数 1,000万台を達成

自動車用変速機(ATCVT)専門メーカー、ジヤトコ株式会社(社長:中塚晃章、本社:静岡県富士市、資本金:2993,530万円)は、軽・小型FF車用副変速機付CVTJatco CVT7」のグローバル累計生産台数が、20097月の生産開始以来71ヶ月で、1,000万台に達したと発表しました。CVT単一機種で累計生産台数1,000万台に達成したのは、世界で、当社中型FF車用CVTJF011E」(生産開始より911ヶ月で20143月に達成)と「Jatco CVT7」の2機種のみ*です。

Jatco CVT7」は、世界で初めて金属ベルト式CVT2段のステップAT(副変速機)を組み合わせたCVTです。従来の同クラスのCVTに対し変速比幅を20%以上拡大し、レスポンスの良い発進加速と、高速走行時の静寂性の向上を実現しました。また、副変速機の採用によりプーリーの径を小さくすることで、全長10%減、重量13%減の小型軽量化を実現、さらに小型プーリーの採用とレイアウトの最適化によりオイルの攪拌抵抗を低減させ、フリクションを30%低減しました。

この燃費性能、動力性能、搭載性に優れた革新的な技術は高く評価され、20114月に、「第88期日本機械学会賞(技術)」、「第61回自動車技術会賞 技術開発賞」を受賞しました。

需要の増加に伴い生産地域も拡大し、20114月に中国、20128月にメキシコ、20139月にはタイでの生産を開始しました。現在、海外生産比率は約60%で、ジヤトコの主力商品として、今後も台数増が期待されています。

2015年には「Jatco CVT7」をベースに、世界最大の変速比幅8.7に拡大し、燃費と運転性をさらに向上させた「Jatco CVT7 W/R」を発売しました。「Jatco CVT7」の製造に関し、これまで450億円を投資しました。

ジヤトコは、1997年のCVT生産開始以来、数々の世界初の技術を商品化し、CVTのパイオニアとして常に業界をリードしてきました。同社は、軽自動車用から3.5リッタークラス車用までのCVTフルラインナップを揃えるグローバルで唯一のメーカーで、現在は国内3拠点、海外3拠点の計6拠点でCVTを生産しています。2015年グローバルCVT生産台数における同社のシェアは、業界トップの41%となりました。
*:当社調べ 

《「Jatco CVT7」累計生産台数1,000万台達成の歩み》
  20097           世界初の軽・小型FF車用副変速機付CVTJatco CVT7(JF015E)」を生産開始
  20114           88期日本機械学会賞(技術)を受賞
                        
61回自動車技術会賞 技術開発賞を受賞
                          
ジヤトコ (広州)自動変速機有限公司(以下ジヤトコ広州)で生産開始
  20128           ジヤトコメキシコ社で生産開始
  20139           ジヤトコタイランド社で生産開始
  20142           グローバル生産累計台数 500万台達成
  201510         Jatco CVT7 W/R(JF020E)」をジヤトコ広州で生産開始
  20168           グローバル生産累計台数 1,000万台達成