facebook
トランスミッション イメージ トランスミッション イメージ

LEADING TRANSMISSION

ジヤトコは、「グローバルNo.1のオートマチックトランスミッションメーカー」を目指しています

トランスミッションとは、日本語でいうと「変速機」のこと。エンジンからの動力を最適なかたちでタイヤに伝えることで快適な走りを実現する、自動車に不可欠な装置です。自動的に変速するオートマ(AT/オートマチックトランスミッション)とドライバーの操作で変速するマニュアル(MT/マニュアルトランスミッション)があります。トランスミッションは、その設計や制御ソフトのプログラミングによって、自動車の運動性能や燃費、環境性能を大きく左右します。ジヤトコでは、クルマの「隠れた主役」を製造しているのです。

CVTグローバル累計生産台数

16849524

ステップAT/CVTグローバル生産台数

046849524

ジヤトコは、CVT(無段変速機)のグローバルシェアNo.1を誇る、リーディングカンパニーです。1997年のCVT生産開始から、グローバル生産台数は5,000万台に達しました。(単一メーカーでは世界初*当社調べ)また、1967年にステップATの生産を開始して以来50年で、ステップATとCVTのグローバル累計生産台数1億台を達成しました。今後も更に、これまで培われた技術を磨くとともに、お客さまの期待を超える商品を世の中に送り出し、新たな市場を開拓していきます。

WORLD'S FIRST

ジヤトコ”世界初”のあゆみ

商品開発

電子制御5速AT、2リッタークラス金属ベルトCVT、トロイダルCVT、3.5リッタークラスベルトCVT、
さらには画期的独自構造を備えた副変速機付ベルトCVTの開発・量産化など、
ジヤトコの歴史は"世界初の歴史"とも言える、様々な商品を開発してまいりました。

製品イメージ
1989年4月
JR502E

世界初、「電子制御5速オートマティックトランスミッション」を開発

MORE INFO

「優れた加速性能」「高速域での静粛性」「低燃費の実現」として、3速ATや4速ATが主流だった時代に、ジヤトコは世界で初めて電子制御5速ATの開発から、量産化を実現。この歴史的なトランスミッションは日産自動車のセドリックに初搭載され、世界中でATの多段化が加速しました。

導入車 イメージ
日産 セドリック
製品イメージ
1997年8月
F06A

世界初、2リッタークラス金属ベルト式CVT

MORE INFO

1990年代初頭。CVTは、スムーズにパワーを伝え燃費も向上できる利点がありながら、許容トルクの限界により、小型車に使われていました。しかし、1997年に市場に投入したこのCVTは、現在各社から発売されているトルクコンバーター付CVTの基本骨格を初めて採用することで、従来の枠を超えたトランスミッションの新たな潮流を生み出しました。

導入車 イメージ
日産 プリメーラ
製品イメージ
1999年10月
JR006E

世界で初めて、究極のCVT「トロイダルCVT」を量産化

MORE INFO

実用化が困難とされてきた「トロイダルCVT」の量産化に、世界で初めて成功。高トルク対応で、燃費が良く、変速ショックがなく、クイックなレスポンスと力強い加速を実現する、もう一つのCVT。ジヤトコは、トランスミッションの限界に挑戦し、「不可能」を「可能」に変えています。

導入車イメージ
日産 セドリック / グロリア
製品イメージ
2002年11月
JF010E

世界最大トルクの容量のベルトCVT

MORE INFO

当時不可能といわれていた排気量3.5リッタークラス対応のCVTの量産化に、世界で初めて成功。大型FF車においてCVTによる低燃費化を実現。現在(※)でもベルトCVTとして世界最大のトルク容量を誇るこの商品もジヤトコのイノベーションの力を示しています。※2011年3月現在

導入車イメージ
日産 ムラーノ
製品イメージ
2004年12月
JF011E

世界で初めて累計生産500万台となったCVT

MORE INFO

環境性能の高さと優れた搭載性から、世界中のカーメーカーのさまざまな車種に搭載され、日本、メキシコ、中国で生産されているグローバルユニット。2004年12月に日産自動車のラフェスタに初搭載され、2010年7月にはCVTの単一機種として世界で初めて累計500万台を生産しました。

導入車イメージ
日産 ラフェスタ
製品イメージ
2009年9月
Jatco CVT7

世界最大の変速比幅をもつ、「副変速機付ベルトCVT」を開発

MORE INFO

ベルトによる無段変速機と副変速機の組み合わせという、世界初の独自構造を採用することにより、世界最大となる変速比幅7.3を達成しながら、従来に比べ10%の全長短縮と13%の軽量化を実現。ジヤトコは持続可能なモビリティ社会のために、クルマのさらなる可能性を追求しています。

導入車イメージ
スズキ パレット
製品イメージ
2010年11月
JR712E

世界初、乗用車用トルコン・レスの1モーター2クラッチ式HEVシステム用トランスミッション

MORE INFO

燃費性能と走行性能を高次元で両立したジヤトコ初の本格量産ハイブリッドシステム用トランスミッション。1つのモーターと2つのクラッチを採用し、トルクコンバーター・レスにより従来のFR車用7速ATとほぼ同じサイズというコンパクトさを実現しました。

導入車イメージ
日産 フーガハイブリッド
海外事業所 イメージ 海外事業所 イメージ

GLOBAL EXPANSION

視点はグローバル、モノづくりの思いを世界へつなぐために

ジヤトコは、世界中のお客さまに近いところに開発拠点や生産拠点を展開し、お客さまのニーズをタイムリーに取り入れた商品企画・商品開発、生産を実施する体制を整えています。その数は、日本以外に海外8ヵ国11拠点にものぼります。生産拠点では、グローバルネットワークを前提とした量産体制が整備され、高品質な商品が世界のどの工場でも生産できるようになっています。
また、世界中の開発拠点も緊密に連携し、市場のニーズを商品開発へフィードバックしています。

ジヤトコフランス社

フランス パリ、スペイン バルセロナ

フランス社 イメージ

2003年に設立したジヤトコフランス社は、開発、実験、市場調査、品質保証サービス、営業などの機能を持ち、欧州特有の道路事情やお客さまの声を、商品企画・商品開発にフィードバックしています。ロシアの拠点とともに、欧州市場における市場ニーズを把握するための重要な拠点となっています。

モスクワ駐在事務所 / トリヤッティ駐在事務所

モスクワ、トリヤッティ

2012年に設立したトリヤッティ駐在事務所、および2013年に設立したモスクワ駐在事務所は、主に市場調査、品質保証、営業の機能を持っています。ロシア市場だけでなく、広く欧州市場のお客さまのニーズを把握し、タイムリーに応えるための拠点です。

ジヤトコ タイランド社

チョンブリ

タイランド社 イメージ

2011年に設立したジヤトコ タイランド社は、伸長いちじるしいアセアン市場のニーズに応えるための生産拠点として、2013年に生産を開始しました。年間生産能力50万台規模の工場は、今後も増強していきます。

ジヤトコ 韓国エンジニアリング社

ソウル

韓国エンジニアリング社 イメージ

1998年に設立したジヤトコ 韓国エンジニアリング社は、設計から実験まですべての開発業務を行える機能を持っています。特に、得意とするコンピュータ解析ではジヤトコの商品開発になくてはならない重要な役割を担っています。

ジヤトコ 韓国サービス社

ソウル、プサン

韓国サービス社 イメージ

2004年に設立したジヤトコ 韓国サービス社は、韓国市場における品質保証サービス、営業の機能を持っています。韓国市場のお客さまに近いところでタイムリーにニーズに応えるための一翼を担っています。

ジヤトコ (広州)自動変速機有限公司

広州、上海

広州自動変速機有限公司 イメージ

2007年に設立したジヤトコ (広州)自動変速機有限公司は、世界有数の巨大マーケットである中国市場に商品を供給するために、2009年に生産を開始しました。中国市場の伸びに合わせて急ピッチで生産能力の増強を行い、今では年間100万台規模の工場に成長。また生産に加え、開発、市場調査、品質保証、営業などの機能を持ち、中国市場のニーズにいち早く対応できる体制を整えています。

ジヤトコ(蘇州)自動変速機有限公司

蘇州

ジヤトコ エンジニアリング株式会社

日本

1989年に設立したジヤトコ エンジニアリング株式会社は、開発、生産、品質調査などの機能を持ち、多様化するマーケットニーズの中でジヤトコの商品開発をサポートしています。

ジヤトコ ツール株式会社

日本

1995年に設立したジヤトコ ツール株式会社は、切削工具の研磨の分野で世界中のジヤトコの生産現場を支えています。

ジヤトコ プラントテック株式会社

日本

1995年に設立したジヤトコ プラントテック株式会社は、動力設備運転保全、工作機械、電気通信の分野でジヤトコをサポートしています。

ジヤトコ 米国会社

ミシガン、テネシー

米国会社 イメージ

1997年に設立したジヤトコ 米国会社は、開発、実験、品質保証サービスなどの機能を持ち、主要市場である北米を舞台に活動を行っています。極寒のアラスカから灼熱のアリゾナまで、広大な北米市場に最適なトランスミッションを提供するための開発をサポートしています。

ジヤトコ メキシコ社

アグアスカリエンテス

メキシコ社 イメージ

2003年に設立したジヤトコ メキシコ社は、北米市場に商品を供給するための生産拠点として2005年に生産を開始しました。北米市場を含むグローバル全需要の伸長とともに生産規模も拡大。2014年には第2工場も生産を開始し、第1工場と合わせて年間170万台規模の工場となりました。

CORPORATE PROFILE

会社概要

社名
ジヤトコ株式会社
設立
1999年6月28日
本社
静岡県富士市今泉700番地の1
事業内容
変速機および自動車部品の開発、製造および販売
資本金
299億3,530万円
従業員数 ( 連結 )
14,600名(2020年3月31日現在)
株主
日産自動車株式会社75%
三菱自動車工業株式会社15%
スズキ株式会社10%
主要納入先
日産自動車株式会社
三菱自動車工業株式会社
スズキ株式会社
東風汽車有限公司
ルノー
など

拠点

本社・富士地区
京都地区
新横浜オフィス
八木地区
蒲原地区
厚木開発センター
富士宮地区
岡崎開発センター
掛川地区
茂木試験場

拠点

ジヤトコエンジニアリング株式会社
ジヤトコ韓国エンジニアリング社
ジヤトコツール株式会社
ジヤトコ韓国サービス社
ジヤトコプラントテック株式会社
ジヤトコ(広州)自動変速機有限公司
ジヤトコ米国会社
ジヤトコ(蘇州)自動変速機有限公司
ジヤトコフランス社
ジヤトコメキシコ社
ジヤトコタイランド社

JOIN! OUR TEAM

ジヤトコチームの一員として、
一緒に世界No.1の技術を生み出していきましょう

ENTRY エントリーする