ホームジヤトコのモノづくりジヤトコ 世界初のあゆみ

ジヤトコ 世界初のあゆみ

電子制御5速AT、2リッタークラス金属ベルトCVT、トロイダルCVT、3.5リッタークラスベルトCVT、さらには画期的独自構造を備えた副変速機付ベルトCVTの開発・量産化など、ジヤトコの歴史は"世界初の歴史"とも言える、様々な商品を開発してまいりました。

1989年4月 

JR502E 世界初、「電子制御5速オートマティックトランスミッション」を開発

「優れた加速性能」「高速域での静粛性」「低燃費の実現」として、3速ATや4速ATが主流だった時代に、ジヤトコは世界で初めて電子制御5速ATの開発から、量産化を実現。この歴史的なトランスミッションは日産自動車のセドリックに初搭載され、世界中でATの多段化が加速しました。

1997年8月 

F06A 世界初、2リッタークラス金属ベルト式CVT

1990年代初頭。CVTは、スムーズにパワーを伝え燃費も向上できる利点がありながら、許容トルクの限界により、小型車に使われていました。しかし、1997年に市場に投入したこのCVTは、現在各社から発売されているトルクコンバーター付CVTの基本骨格を初めて採用することで、従来の枠を超えたトランスミッションの新たな潮流を生み出しました。

1999年10月 

JR006E 世界で初めて、究極のCVT「トロイダルCVT」を量産化

実用化が困難とされてきた「トロイダルCVT」の量産化に、世界で初めて成功。高トルク対応で、燃費が良く、変速ショックがなく、クイックなレスポンスと力強い加速を実現する、もう一つのCVT。ジヤトコは、トランスミッションの限界に挑戦し、「不可能」を「可能」に変えています。

2002年11月 

JF010E 世界最大トルクの容量のベルトCVT

当時不可能といわれていた排気量3.5リッタークラス対応のCVTの量産化に、世界で初めて成功。大型FF車においてCVTによる低燃費化を実現。現在でもベルトCVTとして世界最大のトルク容量を誇るこの商品もジヤトコのイノベーションの力を示しています。
※2011年3月現在

2004年12月 

JF011E 世界で初めて累計生産500万台となったCVT

環境性能の高さと優れた搭載性から、世界中のカーメーカーのさまざまな車種に搭載され、日本、メキシコ、中国で生産されているグローバルユニット。2004年12月に日産自動車のラフェスタに初搭載され、2010年7月にはCVTの単一機種として世界で初めて累計500万台を生産しました。

2009年9月 

Jatco CVT7( JF015E ) 世界最大の変速比幅をもつ、「副変速機付ベルトCVT」を開発

ベルトによる無段変速機と副変速機の組み合わせという、世界初の独自構造を採用することにより、世界最大となる変速比幅7.3を達成しながら、従来に比べ10%の全長短縮と13%の軽量化を実現。ジヤトコは持続可能なモビリティ社会のために、クルマのさらなる可能性を追求しています。

2010年11月 

JR712E 世界初、乗用車用トルコン・レスの1モーター2クラッチ式HEVシステム用トランスミッション

燃費性能と走行性能を高次元で両立したジヤトコ初の本格量産ハイブリッドシステム用トランスミッション。1つのモーターと2つのクラッチを採用し、トルクコンバーター・レスにより従来のFR車用7速ATとほぼ同じサイズというコンパクトさを実現しました。